外出自粛中の 親子で楽しむ おうち遊び    (段ボールあそび編)

お子さんとの過ごす時間が長くなり、接し方や遊び方に悩みますよね。
いつもと違う遊びを取り入れるだけでも喜ぶので、お子さんとの過ごし方の一つとして身近な素材を使った遊びを楽しんでみませんか?

今回は「段ボール」をテーマとした遊びを 2種類 紹介いたします。

 

気分はバスケットマン! 目指せ!ダンクシュート!

 

【用意するもの】
・段ボール
・新聞紙
・ガムテープ(ボールを固定するようとして)

 

手順は簡単!
①段ボールを四角形にし、中央に切り込みを入れます。
②新聞紙を丸めて、テープで固定します。
③壁に貼り付けて、完成!です。

ボールを投げる勢いや強弱を工夫するので感覚が身に付きます。シュートが決まると嬉しさで盛り上がります!

 

思い切り盛り上がろう! モグラたたき!

 

【用意するもの】
・段ボール
・新聞紙や広告紙
・ゼリーカップ(モグラを作る用ですが、容器なら何でも可能です)
・ラップの芯
・さくら紙
・画用紙

手順はこちら!
(土台作り)
①段ボールに穴をあけます。(モグラが出る位の大きさ)
②穴の大きさに合わせて画用紙に円を描き、カッターで切り込みを入れます。
③画用紙を段ボールへ貼り付けます。

※段ボールの側面に手が入る位の大きい穴をあけると、モグラが自由に動けて盛り上がります。

(モグラとハンマー作り)
①ゼリーカップへ丸めた さくら紙を入れます。
②モグラの顔を描きます。
③新聞紙を丸めて、ビニールテープで固定します。
④ラップの芯と繋ぎ合わせます。

反射神経も伴うので、スピードを上げると更に盛り上がります!